和洋女子大学学術情報センターOPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

研究

ケンキュウ

(鮎川信夫著作集;10)
出版者 東京 : 思潮社
出版年 1976
大きさ 396p ; 22cm

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 予約 指定図書
5階集密
918.68:A98:10 0001350719




書誌詳細を非表示

一般注記 内容:鮎川信夫論(吉本隆明) 鮎川信夫論ー交渉史について(吉本隆明) 戦後詩人論ー鮎川信夫ノ-ト(大岡信) 「俗」ということ(大岡信) 現代社会のなかの詩人ー『鮎川信夫詩論集』(大岡信) 詩人の出発ー鮎川信夫の『戦中手記』について(堀川正美) 謎めいた熱情者(堀川正美) 困難な時代の詩人(長田弘) 荒地の蘇生ー鮎川信夫著『戦中手記』につい
て(北川透) 詩論とは何かー詩人の戦争責任論があらわしたもの(北川透) 魂刻む衝撃の一編ー鮎川信夫の『Solozenitsyn』(北川透) 戦後詩論と「現代」(月村敏行) 鮎川信夫の切りひらいたもの(月村敏行) 鮎川信夫論(桶谷秀昭) 『厭世』について(桶谷秀昭) 地図のない旅ー『鮎川信夫詩集』について(田村隆一) 思想の血肉化ー鮎川信夫
『戦中手記』に思う(田村隆一) 『橋上の人』解説(三好豊一郎) 鮎川信夫粗描(三好豊一郎) 「荒地」論(黒田三郎) 『鮎川信夫詩論集』ではじめてよんだふたつの論文(黒田三郎) 『鮎川信夫詩集1945〜1955』解
現代詩のエッセイスト(中村稔) 告発者の栄光と悲惨ー鮎川詩論の問題点(原崎孝) 手帖時評(菅谷規矩雄) 『鮎川信夫詩論集』ー芸術家の持続(岩田宏) 暖色の悲劇ー『鮎川信夫全詩集1945〜1965』 (谷川雁) 未来への遺書ー『戦中手記』をめぐって(橋川文三) 『鮎川信夫全詩集』(菅谷規矩雄) 詩はほろびたか(渡辺武信) 鮎川信夫論(いいだ
・もも) 「荒地」論ー歩行の倫理(松原新一) 試みる精神の存在証明ー問題を提起した鮎川信夫(入沢康夫) 戦後詩におけるイメジの二律背反ー眠の慾は何処へ(岡田隆彦) 荒地の中の時間と詩(渡辺広士) 無名者の倫理(芹沢俊介) 鮎川信夫の詩論ー鮎川・吉本の戦争責任論をめぐって(高良留美子) 鮎川信夫の倫理性(饗庭孝男) 『死んだ男』(北村太郎)
『橋上の人』(吉野弘) 『橋上の人』(関口篤) 『現代詩とは何か』解説(村野四郎,木下常太郎) 『鮎川信夫詩論集』(飯島耕一) 『鮎川信夫詩論集』(篠田一士) 『戦中手記』(関根弘) 『一人のオ
『歴史におけるイロニ-』『鮎川信夫詩人論集』(高野喜久雄) 『鮎川信夫著作集』(飯島耕一) 『鮎川信夫著作集』(中桐雅夫) 鮎川信夫に33の質問(谷川俊太郎) 年譜・参考文献・書誌(原崎孝) 補遺 現代詩についての二十三章,アプダイクについて,T.S.エリオット『詩の効用と批評の効用』,死と生の論理,キリスト教とマルキシズム あとがき・解説集その他. 編集ノ-ト(三好豊一郎)
著者標目 鮎川, 信夫(1920-1986) <アユカワ, ノブオ>
件 名 NDLSH:鮎川, 信夫(1920〜 )
分 類 NDC8:918.68
NDC6:918.6
NDLC:KH73
NDLC:KG510
書誌ID 1000045855
NCID BN0507427X WCLINK

ページトップ