和洋女子大学学術情報センターOPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

文学論・芸術論

ブンガクロン ゲイジュツロン

(鮎川信夫著作集;5)
出版者 東京 : 思潮社
出版年 1974
大きさ 407p ; 22cm

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 予約 指定図書
5階集密
918.68:A98:5 0001350669




書誌詳細を非表示

一般注記 内容:『燼灰』のなかからーT.E.ヒュ-ムの精神,地獄の発見,「J.アルフレッド・プルフロックの恋歌」について,ヒッピ-は政治ぎらいの小児病か,ビ-ト派の詩人たち,『虐げられた人びと』の記憶,ウイリアム・バウロズの『殲滅者』,犠牲になった世代,批評精神について,詩人への報告,『死の灰詩集』の本質,『死の灰詩集』をいかにうけとるかー詩人の社
会的態度と現代文明,『死の灰詩集』論争の背景ーその成立・過程・終結,詩劇について,なぜ詩壇は“孤島"か,文学者の戦争責任,翻訳詩の問題,詩と政治と表現の自由ーパステルナ-クに関連して,戦争責任論の去就,精神・言葉・表現,世代を超えた表現をー午後三時の対話1,青春の意味,戦争と文学者・その他ー午後三時の対話2,一九三〇年代の射程ーW.H.オ
-デンを中心に,戦中「荷風日記」私観,白井喬二『富士に立つ影』,机竜之助小論,大衆文学と私,推理小説小論,シャ-ロック・ホ-ムズについて,山本健吉著『古典と現代文学』,山本健吉著『芭蕉』,定本三好達治全詩集,『邪宗門』小感,篠田一士著『詩的言語』,
ジャン・フランソワ・デラシュス『ル・ジャポン』,ヘンリ-・ミラ-『わが生涯の日々』,内村剛介著『流亡と自存』,「赤い風船」の詩について,「汚れなき悪戯」の主題,ジェムス・ディ-ンと映画大衆,映画批評における技術と態度,「抵抗」をめぐって,マス・コミの英雄,リチャ-ド・ブルックスとニコラス・レイ,「心中天網島」,「カラマ-ゾフの兄弟」,「ジ
ョニ-は戦場へ行った」 解説 泥のなかの目ー鮎川信夫のリアリズム(岡庭昇) 編集ノ-ト(三好豊一郎)
著者標目 鮎川, 信夫(1920-1986) <アユカワ, ノブオ>
分 類 NDC8:918.68
NDC6:918.6
NDLC:KH73
書誌ID 1000045849
NCID BN05074112 WCLINK

ページトップ