和洋女子大学学術情報センターOPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

平安朝文学の諸問題 / 平安朝文学研究会編

ヘイアンチョウ ブンガク ノ ショモンダイ

(笠間叢書;83)
出版者 東京 : 笠間書院
出版年 1977.11
大きさ 419p : 肖像 ; 22cm

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 予約 指定図書
5階南
910.23:H51 0001180470




書誌詳細を非表示

一般注記 岡一男先生喜寿記念論集
内容:古今集撰者の人選についてー筆頭撰者の意義(村瀬敏夫) 源仲綱の生涯ー平安末期歌壇における一中堅歌人(井上宗雄) 梁塵秘抄(土井清民) 『竹取物語』の世界(増淵勝一) 伊勢物語の構成考(山田清市) 変貌する業平像(伊藤颯夫) 平中物語の成立事情ーその平中像をめぐって(三明義信) 『宇津保物語』における八月十五夜(奥津春雄) 源氏物語・
夕顔巻の創造ー宣孝の死と河原院と京極御息所(鬼束隆昭) 薫と宇治の物語(鷲山茂雄) 源氏物語の流域ー谷崎潤一郎のばあい・序章(上坂信男) 『無名草子』における『夜半の寝覚』の批評について(松村武夫)
歴史物語の世界(松本治久) 『栄花物語』と上東門院(中山昌) 藤原道長と文学(酒井みさを) 『今昔物語集』の世界ー群衆の参加と撰者の資質(高橋貢) 蜻蛉日記の発想ー冒頭部分の贈答歌について(石原昭平) 『和泉式部日記』作者考ー自作説への疑問(津本信博) 更級日記(須田哲夫) 枕草子の世界(山内益次郎) 平安朝文学と天命思想ー『本朝麗藻』の
一側面(今浜通隆) 姫考ー連濁をめぐって(秋永一枝) 平安朝文学史の方法ー『源氏物語』絵合巻に於ける<文学史>の方法(三谷邦明) 岡一男先生年譜補遺:p.409〜416
著者標目 平安朝文学研究会 編 <ヘイアンチョウ ブンガク ケンキュウカイ>
件 名 NDLSH:日本文学 -- 歴史 -- 平安時代
分 類 NDC6:910.23
NDLC:KG16
書誌ID 1000003593
NCID BN00240757 WCLINK

検索結果一覧に戻る ページトップ